2016年08月28日

(再鑑賞あり)イオンシネマ京都桂川スクリーン8(ULTIRA)・2016年8月27日・映画「君の名は。」

映画「君の名は。」を鑑賞して猛烈に感動したので、いろんな劇場でこの映画を見て、劇場による違いなどを比較してみようと思いました。

※この劇場では9月12日に再度鑑賞しました。できればそちらの評価をご確認ください。(記事はこちら)。

初めて鑑賞したのは、イオンシネマ京都桂川のスクリーン8。「ULTIRA」と命名された、大スクリーン、4ウェイ立体音響がウリのシアターです。J列中央付近なので、センターよりやや後ろの位置での鑑賞でした。15:55からの上映、1400円で購入した全国共通前売券を使用して当日座席を取りました。

画質:「良い」 ここで見たのが初めてなので、以降に見た劇場と画質の比較がしにくいのですが、悪いとは思わなかったので。もう一回ここで見てみないと正確な批評はできません。

画面サイズ:「大きい」 ULTIRAは壁いっぱいの大きさの巨大スクリーン。スクリーン比率もビスタサイズに近いので大きく感じました。 投影がやや上すぼみになっていたのが気になりました。

音量:「大きい」 音量はそれなりに出ていたと思います。ただし初めての鑑賞なので、他との比較が曖昧です。再度鑑賞が必要ですね。隣接スクリーンの重低音の漏れは若干ありました。

音響:「評価不能」 サラウンド感などは・・・1回目の鑑賞なので比較する場面でどういう音だったのか覚えていないので、正しい評価はできません。違和感はなかったので鑑賞にあたって問題はないと思われます。

5段階での評価:「4」 9月12日に再度鑑賞し、評価し直しています。