2016年09月13日

(2回目鑑賞)イオンシネマ京都桂川スクリーン8(ULTIRA)・2016年9月12日・映画「君の名は。」

映画「君の名は。」を鑑賞した劇場の個人的評価です。鑑賞の参考にしてください。

9月12日(月)、イオンシネマ京都桂川のスクリーン8「ULTIRA」で8月27日以来2回目の鑑賞です。369席のスクリーン、F列(ほぼ中央)ほぼセンターの位置での鑑賞でした。16:50からの上映、イオンシネマの「ハッピーマンデー」料金の1100円で鑑賞。ほぼ満席でした。
「君の名は。」は、1回目にこの劇場で鑑賞し、その際は比較対象がありませんでした。今回の再鑑賞の方が他と比較した結果の評価になります。

画質:「非常に良い」 画質は非常に良かったです。スクリーンのシワや汚れは全くなし。

画面サイズ:「非常に大きい」 壁一面の巨大スクリーン。ビスタサイズのスクリーンで、左右余白は少なかったです。やや上すぼみでの投影ですが、歪みのようなものはほとんど気になりませんでした。上下カットもほとんどありませんでした。

音量:「大きい」 音量はしっかり出ていたと思います。隣接スクリーンの重低音漏れは時折あり、若干気になりました。

音響:「非常に良い」 サラウンド感はきちんとありました。

5段階での評価:「5」 初めて「君の名は。」をここで見たので、このスクリーン2回目の鑑賞となる今回は、他と比べてどうかという点を気にしながら鑑賞しました。
画質は、イオンシネマ四條畷、TOHOシネマズくずはモール(TCX)の方が良かったと思いましたが、ほぼ互角ではないかと思います。
音の大きさは、MOVIXあまがさきスクリーン6の方が大きかったように感じました。

満席でしたが、お客さんの鑑賞マナーは非常に良く、ほぼ全員が「余計な物音を立てたりするともったいない」という気持ちで見ているような感覚で、妙な緊張感を味わいました。

また機会があれば見に来ます。