2016年09月15日

109シネマズ大阪エキスポシティ シアター9・2016年9月15日・映画「君の名は。」

映画「君の名は。」を鑑賞した劇場の個人的評価です。鑑賞の参考にしてください。

9月15日(木)、109シネマズ大阪エキスポシティ、シアター9での鑑賞。359席、G列(やや前方)やや左位置。21:35からの上映、レイトショー料金の1300円、シネマポイントカード特典で「エグゼクティブシート」を通常料金で利用。席の埋まりは3割くらいと、かなり空いていました。

画質:「非常に良い」 画質は非常に良かったです。解像感が高かったです。全体に映像は明るめでややコントラストが低く、黒の締まりがないように感じました。あと、スクリーンのシワが少し気になりました。

画面サイズ:「非常に大きい」 特別なスクリーンではなさそうですが、壁一面くらいある大型スクリーンでした。ほぼビスタサイズのスクリーンで、左右余白は少なかったです。歪みのようなものはほとんど気になりませんでした。上下カットもほとんどありませんでした。

音量:「やや小さい」 音量はやや物足りませんでした。メインスピーカーの音量が小さめだったのでしょうか。隣接スクリーンの重低音漏れが多く、かなり気になりました。座っている位置が入り口から近く、上映開始5分くらいして、スタッフが劇場のドアを閉めたような音(それまでは廊下の音も少し聞こえているような状態)になったのはちょっと気になりました。

音響:「非常に良い」 サラウンド感は非常にありました。

5段階での評価:「3」 映像は、少しスクリーンのシワが気になったものの、スクリーンは意外に大きく画質解像度も高く、良かったと思います。解像感ではイオンシネマ四條畷、TOHOシネマズくずはモール(TCX)などとほぼ互角ではないかと思います。

音ですが・・・メインスピーカーの音が弱かったように思います。なんというか迫力がない。周辺から音が聞こえるシーンではしっかりサラウンド感はあったので、やはりメインスピーカーが弱いのかな・・・と。

一番気になったのが、隣接スクリーンからの重低音漏れ。これが終始聞こえる状態で、これはまあそういう映画(「シン・ゴジラ」「スーサイド・スクワッド」「キング・オブ・エジプト4DX」など)が多かったというのもあるのでしょうが、静かなシーンでも「ゴーーーーー・・・ゴゴゴゴゴ」みたいな重低音が気になり、あまり集中できませんでした。お客さんも3割くらいしか埋まっておらず、ここの映画館の通常スクリーンの評判はあまり良くないのかな、とも思いました。