2020年09月26日

2020年9月21日「横須賀HUMAXシネマズ・シネマ2で『劇場版ハイスクール・フリート』」

IMG_5627.jpg
9月21日、横須賀HUMAXシネマズで「劇場版ハイスクール・フリート」鑑賞。
2020年1月公開の映画。まだ上映しているのは、横須賀HUMAXシネマズだけです。
IMG_6350.jpg
この映画館で2番目に大きいシネマ2。6月28日に一度鑑賞しています

IMG_6347.jpg
IMG_5622_1.jpg
IMG_3343.jpg
6月に鑑賞した際はG列、今回はそれより少し前のE列。前回鑑賞したときとそれほど印象は変わらないのですが、スクリーンが大きいです。映像もきれい。音響は迫力にやや欠ける感じがしますが、細かい音は聞き取りやすい感じです。エンディング曲の音は、前回鑑賞したときより良い感じに聞こえた気がしますが、「感じ」なので、数値やデータでの比較ではありません。「d&b Soundscape」のスピーカーを採用しているシネマ2より、JBLのスピーカーの他のシアターの方が、音の迫力はあるかもしれません。
posted by 敦賀の人 at 00:00| Comment(0) | 映画館

2020年09月24日

2020年9月21日「お台場で初代南極観測船『宗谷』を見学」

IMG_5412.JPG
9月21日、お台場へやってきました。「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」で映画を見るのが目的ですが、その前に、初代南極観測船「宗谷」を見学しました。

新横浜から京都往復のツアーなので、新横浜から在来線などを乗り継いでお台場まで移動。りんかい線に乗り、東京テレポート駅へ。駅名標とか撮り忘れ・・・。
IMG_6277.jpg
ついつい目が行く、連張りポスターと「拳銃無くして いい夢見ろよ!」のポスター・・・。
IMG_6281.jpg
IMG_6284.jpg
IMG_6286.jpg
10月から放送開始の「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の広告が目立ちます。東京テレポート駅周辺、お台場が舞台になっているアニメです。
それはさておき、「宗谷」が展示してある場所を探します。お台場に来るのはほぼ初めてなので、地図を見ながら歩きますが、イマイチ方向がわかっていません。結局20分ほど歩いて到着。
IMG_5424.jpg
この為に持ってきた「宗谷ましろ(シロちゃん)」のパネルと「宗谷」を一緒に撮影。11時ごろだと人が少なかったので、わりと気にせず撮影できました・・・。
なお、砕氷船「宗谷」は『そうや』、「宗谷ましろ」は『むねたに ましろ』です。両者には特に関係はありません。

11時からは内部も見学できるので入場。入場料は無料ですが、保存維持のための寄付金を募っていますので、募金箱にいくらか募金したほうがいいでしょう。100円だけ募金しました。
IMG_5479.jpg
艦橋です。誰もいなかったので・・・
IMG_5482.jpg
シロちゃんのパネルを置いてみます。
IMG_5523.jpg
後部にあるヘリコプター甲板。
IMG_5576.jpg
見学終了。シロちゃん(のパネル)とのつかの間のデートを楽しみました。この後は「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」で映画鑑賞です(続く)。
posted by 敦賀の人 at 00:00| Comment(0) | 旅行

2020年09月23日

2020年9月21日「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場・スクリーン5『少女歌劇スタァライト ロンド・ロンド・ロンド』」

IMG_6309.jpg
9月21日、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で「少女歌劇スタァライト ロンド・ロンド・ロンド」を鑑賞。

IMG_6296.jpg
「ユナイテッド・シティ アクアシティお台場」は、アクアシティお台場の1Fにあります。
IMG_5587.jpg
ロビーから上は吹き抜けに。
一番下のフロア、1Fにある映画館はちょっと珍しいです。
IMG_6304.jpg
スクリーン5で「少女歌劇スタァライト ロンド・ロンド・ロンド」鑑賞。E列、お客さんは15名くらい。

IMG_5581.jpg
IMG_5580.jpg
スクリーン比率はFLATで、上下黒帯ありでの上映。
映像は特に問題なし。ステレオ音源の作品ですが、音響もきっちり鳴っていて、非常に良かったです。
シアターの構造などはオーソドックスで特筆すべき点はありません(あえて言うならちょっとシートがくたびれています)が、映画館として珍しい点が一つ。
IMG_6310.jpg
ここは、ソニー製のスピーカーを使用しています。他ではめったに見かけません。音が特別変わっているというワケではありません。
posted by 敦賀の人 at 00:00| Comment(0) | 映画館

2020年09月22日

2020年9月20日「京都府『響け!ユーフォニアム』国勢調査2020ポスター掲示など」

IMG_5180.jpg
2020年国勢調査、京都府は、京都府宇治市を舞台とした人気作品「響け!ユーフォニアム」とコラボレーションした啓発活動を実施

京都府内の主要な駅などにポスターなどが掲出されました。というわけで、2020年9月20日に何か所か訪れて撮影。
IMG_5233.jpg
IMG_5226.jpg
京都市営地下鉄烏丸線・四条駅。吊り広告。ここだけの仕様の広告です。
IMG_5867.jpg
阪急嵐山線・嵐山駅。

IMG_6130.jpg
叡山電鉄・出町柳駅。
IMG_5371.jpg
京阪宇治線・六地蔵駅。
IMG_6180.jpg
JR宇治駅前にある「ゆめりあうじ」内。

IMG_5881.jpg
ポスターのイラストの背景になっている大階段のあるJR京都駅のポスターは、この1枚だけでした・・・。
posted by 敦賀の人 at 00:00| Comment(0) | 響け!ユーフォニアム

2020年09月14日

2020年9月13日「TOHOシネマズ名古屋ベイシティ・スクリーン1『少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド』」

9月13日、名古屋で映画鑑賞。ミッドランドスクエアシネマのDOLBY CINEMAで「ダンケルク」、TOHOシネマズ名古屋ベイシティで「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」の2本を鑑賞。

IMG_5510.jpg
名古屋へは、ジェイアール東海ツアーズの「ひさびさ旅割引★★日帰り1day名古屋家康公ゆかりの地パス付」というツアーを利用。京都〜名古屋の新幹線(ひかり・こだま限定)往復で6,700円ですが、これにGoToトラベルの補助金による35%割引が適用されて、実質4,355円です。安すぎです。
IMG_5487.jpg
行きの新幹線は「ひかり504号」。ちなみに、なんでアクリルキーホルダーが一緒に写っているのかというと、このキャラクターの名前が「神楽『ひかり』」だからです。

IMG_5660.jpg
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ・スクリーン1で「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」鑑賞。18:00〜の回。
IMG_5669.JPG
シアターの配置は、下の階と上の階の2層構造になっています。この図はスクリーン1のある、下の階。

IMG_5681.jpg
スクリーン1。203席。
IMG_5750.jpg
最後列J列で鑑賞。客はだいたい10人くらいと少なめです。
IMG_5700.jpg
IMG_5702.jpg
SCOPE比率のスクリーン。この作品はシネスコなので、左右めいっぱい映像が映し出されて、迫力がありました。音響も特に問題なし。サラウンドスピーカーはJBL 8340Aまたは8350でしょうか。まあ、この作品はフロントのスピーカーしか音が出ないのでサラウンドスピーカーは関係ないのですが。
IMG_5694.jpg
最後列は前の席との間隔が広く、足を伸ばして快適に鑑賞できます。

IMG_5692.jpg
IMG_5704.jpg
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、残念ながら2020年11月30日で閉館が決定しています。コスト削減のためなのか、夜になっても外にある看板の電気は点いていませんでした・・・。
IMG_5751.jpg
チケットには「名古屋」と印字されています。愛知県にTOHOシネマズは何館かありますが、名古屋市内にあるのはここだけだったりします。

IMG_5720.jpg
帰りも「ひかり」に乗車でした。
posted by 敦賀の人 at 00:00| Comment(0) | 映画館

2020年09月03日

2020年8月30日「伊豆箱根鉄道大雄山線に行ってきた」

IMG_5109.jpg
大雄山駅を発車する5000系5505編成(「伊豆箱根鉄道×駅メモ!」ヘッドマーク掲出)と、事業用車コデ165形。

8月30日(日)、前日海老名駅前に宿泊して横須賀に行くついで?に、小田原へ。
大雄山線の「鉄道むすめ1日フリー乗車券セット」を買って、大雄山駅まで行ってきました。
IMG_5173.jpg
大雄山線・小田原駅。
IMG_5162.jpg
鉄道むすめ「塚原いさみ」のキャラクターパネルが設置されています。

電車に乗って大雄山駅へ。日中は12分ごとに3両編成の電車が走っています。沿線の通勤通学需要が主な客らしく、日曜日の日中、車内はガラガラ。運転士と車掌が乗務するツーマン運転。
IMG_5185.jpg
大雄山駅。1935年に作られた駅舎は三角屋根が特徴の、レトロ感のある建築物。

IMG_5203.jpg
IMG_5214.jpg
この日は大雄山駅のホーム横の留置線に、事業用車「コデ165形」が留置されていました。旧型国電のスタイルを残す貴重な車両。この車両はただ展示されているわけではなく、動きます。
大雄山線の車両は検査などを行うときには、同じ伊豆箱根鉄道・駿豆線の大場駅近くにある本社の工場に持っていく必要があるため、その際にこの「コデ165形」でけん引します。一度くらいは動いているところを見てみたいです。

IMG_5193.jpg

IMG_5055_1500.jpg
IMG_4989.jpg
IMG_4939.jpg
駅メモ!コラボヘッドマーク掲出の5505編成。エメラルドグリーンの塗装が鮮やかです。
posted by 敦賀の人 at 00:36| Comment(0) | 鉄道

2020年8月29日「秋葉原・有楽町」

関東へ映画を見に行くついでに、秋葉原・有楽町へ行ってきました。
IMG_4947.jpg
8月30日で閉店する「セガ 秋葉原2号店」。
IMG_4937.jpg
「艦これアーケード」の広告を撮るのが目的でした。

IMG_4984.jpg
その後有楽町へ。

IMG_4875.jpg
IMG_4989.jpg
IMG_4992.jpg
IMG_4998.jpg
有楽町マルイで開催している「少女☆歌劇 レヴュースタァライト 〜千紫万紅祭〜」の展示を見に行きました。

IMG_5000.jpg
有楽町マルイから歩いてすぐ、日比谷の東京ミッドタウン周辺。
IMG_5012.jpg
IMG_5014.jpg
東京宝塚劇場・・・の地下にある「TOHOシネマズ日比谷・スクリーン12・13」で
IMG_5008.JPG
「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」を上映していました。時間が合わず鑑賞はできませんでした。宝塚歌劇をモチーフにしたような(と言っても全く関係ないですが)要素もある作品なので、東京宝塚劇場の地下にあるスクリーン12・13で上映していたのは、TOHOシネマズの粋な計らい、だったのかもしれません。
posted by 敦賀の人 at 00:00| Comment(0) | 旅行

2020年09月02日

2020年8月30日「もう横須賀HUMAXシネマズでしか見られない『劇場版ハイスクール・フリート』を鑑賞」

IMG_5237.jpg
8月30日、横須賀HUMAXシネマズで「劇場版ハイスクール・フリート」鑑賞。ここでこの映画を見るのは4回目です。8月2日に鑑賞して以来、約1か月ぶりです。

IMG_5241.jpg
8月30日(日)18:10〜の上映回。ここで一番座席数の少ない、シネマ10(64席)。予約可能なのは約半分。後ろの方、G-007で鑑賞。客入りは約10名。日曜日の夜なので少ない感じでしょうか。
IMG_5160.jpg
IMG_5155.jpg
こじんまりしたシアター。ここは変な場所に柱があったり左右対称ではないような変わったシアターが多いのですが、このシネマ10はいい意味で普通のシアターです。B列〜F列の席は真っすぐ並んで配置されているので、席の間引き販売が解除されて前に他の人が座るようになると、前の人の頭が被って見づらくなりそうな感じはします。

さて、ここで鑑賞した感想ですが・・・音響が非常に良かったです。特にサラウンドのバランスが良好。ほぼ最後列のような席でしたが、後ろの方から聞こえる音が、きちんと後ろから聞こえていました。
小さいシアターなのでスピーカーが近く、そのおかげ?か、セリフも聞き取りやすく高音域が刺さる感じは皆無。音量も十分大きく迫力あり。
「スカルプトサウンド」でサラウンドがうまいこと聞こえるようになっているのでしょうか?そこらへんは良くわからないですが・・・。「劇場版ハイスクール・フリート」を今まで鑑賞した中でも上位に入る音響の良さだと思います。

映像もきっちり映写していて文句なし。一番後ろでもシアター自体が広くはないので、体感的に小さく見づらいという感じもありません。
IMG_5255.jpg
上映が終わって廊下の窓から見える景色。上映終了が20時という時間は絶妙で、ここから約1時間、電車で移動して新横浜駅に到着するのが21時すぎ。新大阪まで行ける最終の「のぞみ」が21:42発なので、関西までなんとか日帰りできる時間です。それを狙って上映時間を決めているのかどうかはわからないのですが・・・。

「劇場版ハイスクール・フリート」は、もうここでしか上映していないので、しばらく上映継続してくれるようなら、また訪れたいです。
posted by 敦賀の人 at 22:42| Comment(0) | 映画館

2020年09月01日

2020年8月29日「イオンシネマ海老名『少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド』鑑賞」

8月29日〜30日、関東へ。

IMG_5060.jpg
29日(土)、イオンシネマ海老名へやってきました。
IMG_5055.jpg
1993年に「ワーナー・マイカル・シネマズ」の第1号劇場として開業した「イオンシネマ海老名」。イオン海老名店の中にあります。

IMG_5065.jpg
IMG_5067.jpg
7番スクリーンで「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」を鑑賞します。
IMG_5081.jpg
日本で最初にTHXの認定を受けたシアター。大きいバナーが飾られています。
IMG_5049.jpg
IMG_4912.jpg
イオンシネマ海老名は全部で7スクリーンあるのですが、7番スクリーンだけは階段を上った別のフロアにあります。
IMG_5079.jpg
全575席の大きなシアター。座席の列は一番後ろが「D」で始まり、アルファベット順で前に列が割り振られています。WMC開業初期のシネコンでしかほとんどない席順。
映画館マニア?の方は、ここは『J-25』に音響測定機器を設置して調整、確認をするらしく、そのあたりが人気らしいのですが、そういう席の近くは人が集まりやすくて好きではないので、やや後ろの「F-25」で鑑賞。

IMG_4889.jpg
センターに通路があります。
IMG_4893_1500.jpg
IMG_4900.jpg
シアター内。壁面が複雑な形状で、並行面がないような構造になっています。吸音や音の拡散を考えられたカーテン状の壁面も凝っています。
シートは背もたれがやや低めのローバックシート。頭の部分に背もたれがなく、後ろの音も聞こえやすいようになっています。

とまあ、これだけ音響が良さそうな要因を説明したわけですが、この日に鑑賞した映画「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」はステレオ(2ch)音源の作品なので、正直言うとこのシアターの本領を発揮できるような音ではありません。

上映直前に「THX」のトレーラー映像『Amazing Life』が流れ、この音は5.1chサラウンドなので、いろんなところから音があふれてくる感覚を味わえて素晴らしかったのですが、本編は当然ながらそこまで派手ではありませんでした。

機材がやや古いからなのか、高音域の音がややビビり気味な時があったり、映像がややピントが甘いような感じもあり(映写室の位置やスクリーンの大きさ、カーブドスクリーンなので仕方ない部分もあると思います)、そこはややマイナス点でしょう。

と、こういう書き方をするとあまり良くなかった上映かと思われますが、良かった点もありました。本編がシネスコの作品なのでスクリーンいっぱいに写る映像は没入感が高く、座席の段差も適度で、他の客の頭が気になる心配もありませんでした。
音響はステレオですが、時折派手に音が鳴るシーンではシアター全体に響き渡るような感じの音が独特で(うまく説明できません実際に聞いてください、としか・・・)、セリフは聞き取りやすく、全体的に疲れにくい音でした。無音のシーンがわりとある作品ですが、独立構造のシアター、空調の音もほとんど聞こえない設計で、無音がきっちり「無音」になるのは高評価でした。

この「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」は、客入りは20人ほどでした。女の子しかほとんど出てこないアニメ映画ですが、女性の客もわりと多いのは、なんとなく分かります・・・

IMG_4904.jpg
シアターを出たところに専用?のトイレもありますので、トイレが近い人も安心?
IMG_4910.jpg
イオンシネマ海老名・スクリーン7、第1号劇場ということで古さはありますが、最初に作られたからこそ設計、建築できた部分もあり、なるべく残してもらいたいシアターだと思います。機会があれば是非再訪問したいです。

IMG_5047.jpg
売店では「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」のグッズが大量に販売されていました。
IMG_5092.jpg
東京や横浜、関西の上映劇場ではパンフレットも売り切れ状態でしたがここはそれも売っていて、応援?の意味でもグッズをちょこっと購入。
IMG_5086.jpg
IMG_5090.jpg
映画を見終わって、まだ1Fのイオンが開いていたので夜食やお酒を買って、ホテルで食べて飲んで寝ました。
歩いて2〜3分の場所に「東横イン海老名駅東口」があるのも、バナナイス!じゃなくてエビナイス!!
posted by 敦賀の人 at 00:00| Comment(0) | 映画館