2017年07月20日

2017年7月16日「『結城友奈は勇者である』シリーズの舞台、香川へ(坂出・宇多津エリア)」

IMG_1655.jpg
イオンシネマ宇多津・ロビーの展示
IMG_1516.jpg
観音寺市総合コミュニティセンターのサイン入りキャラクターパネル
観音寺の記事はこちらです。

7月16日、香川へ行ってきました。イオンシネマ宇多津で「結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 やくそく」の鑑賞と、観音寺にある「結城友奈は勇者である」に関する展示などの見学など。

IMG_1313.jpg
まず、イオンシネマ宇多津で「結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第3章 やくそく」(以下「わすゆ」)を鑑賞。
IMG_1670.jpg
劇場外側の上映作品のポスター。
朝の上映ですが、「わすゆ」のお客さんの入りは6割くらいとかなり多いです。やはり舞台になっている地域での上映だったり、四国で上映しているのがここ宇多津だけということもあるのでしょう。
IMG_1661.jpg
IMG_1641.jpg
IMG_1348.jpg
IMG_1263.jpg
ロビーには「わすゆ」や「ゆゆゆ」に関する展示がたくさんあります。
IMG_1311.jpg
第1章のポスターには声優さんのサインも入っています。おそらく、観音寺市でのイベントで来られた時に書かれたサインと思われますが、詳しいことは不明です。

IMG_1325.jpg
イオンシネマ宇多津のスクリーン3で鑑賞。イオンシネマの前身の「ワーナー・マイカル・シネマズ」の初期に開業した映画館の特徴として(宇多津は1994年に開業したかなり古い劇場ですがいったん閉館してリニューアルオープンしたり様々な経緯があるようです)、座席のアルファベットが後ろから順番にA列、B列・・・となっています。上映に関しては座席もわりと新しく座り心地が良く、映像、音声ともに良かったのですが、古い劇場なので、隣の映画の音がそれなりに聞こえます(壁の構造や素材が遮音性の高いものになる以前に作られた映画館なので、ある程度仕方ないようです)。

さて、映画を見る前になるのですが、「わすゆ」の中でたびたび出てくる神社のモデルとなっている、坂出市にある「春日神社」にも立ち寄りました。
IMG_1238.jpg
この、左に鳥居と、右側に道が続いているアングルのシーンが良く出てきていました。
IMG_1241.JPG
特に大きい神社という感じではありませんが、訪れた朝も地元の方が境内を清掃していて、とても綺麗でした。地域の人たちに大事にされている神社のようです。特に「わすゆ」に関係したようなポスターや掲示物はありません。

以下、映画鑑賞後、観音寺に行った帰り道に立ち寄った場所です。
IMG_1595.jpg
坂出駅前にある「イオン坂出店」。「わすゆ」内ではショッピングセンター「イネス」の名前で登場します。

IMG_1599.jpg
須美たちがジェラートやうどんを食べていたフードコートですが、今はそれらのお店はなくなっていて、お好み焼きなどの店「こなもんや ふうちゃん」1店舗だけになっています。このお店に観音寺のゆゆゆポスターが飾られていましたが、常にあるのかどうかは不明です。

IMG_1616.jpg
IMG_1633.jpg
瀬戸大橋がよく見える海のそばに「瀬戸大橋記念公園」があります。「わすゆ」内でもこの公園のシーンがちょくちょく出てきます。「わすゆ」に関連した展示などは特にありませんでした。
駅から遠く、バスの本数も少ないので、車などでの訪問をオススメします。

観音寺へ行った記事はこちらです。
posted by 敦賀の人 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180401766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック